中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

知って得する不動産会社の仲介手数料の知識

不動産取引の場合、売買の手続きを行う業者に支払う仲介手数料があります。これは高額になるケースがあるので、納得したうえで取引をするため手数料についても理解をしておきましょう。手数料にはどんな意味があり、いついくら支払うか、確認しておくと安心です。見積もりしてもらう際に手数料を含めて詳細な内訳を依頼するとよいでしょう。

手数料には販売活動などが含まれています

マンションや一戸建てなどの売買は個人でも行うことができますが、取引に不慣れな人は仲介を依頼するのが一般的になります。仲介を依頼する際、必要になるのが業者との媒介契約です。契約を結ぶことによって業者は売買先を探すためにさまざまな活動を行い、この活動に対する報酬として仲介手数料が発生します。

業者と契約を結ぶと売買のために営業活動を行います。情報サイトにおいて情報を掲載したり、新聞折り込み広告などを手配したりすることが多いです。ポスティングを行い、購入検討者の見学に立ち会うなど販売活動も行います。

活動報酬は売買が成立してから支払われる成功報酬になり、物件の売却や購入について仲介を依頼しても、売買契約が成立しないと手数料は請求されないようになっています。

仲介としての役割には、売主と買主の間において両者の契約を成功させること、売却物件の販売はもちろん、売主と買主との間にある契約条件を調整することや、契約書類を作成することも含まれます。契約から引き渡しまでいろいろな事務手続きを行いますが、これらの活動は手数料に含まれており、仲介手数料の相場については法規制があるので事前に理解しておくと便利です。

中央区にある不動産業者は適切な価格の手数料で対応していて、クライアントと打ち合わせを重ねながら最適価格で売買をしています。法規制についてもわかりやすく教えてくれるので、気軽に相談することが可能です。

手数料には上限が決められています

仲介手数料には上限があり、業者がもらう手数料は宅地建物取引業法によって定められています。業者が上限額を超えて請求すると法令違反になりますが、法令で規定されているのは上限額だけで、下限額については設定されていません。上限額以内であれば業者が自由に設定することが可能です。

取引する際、業者に対する手数料は次のように定められています。取引物件価格(税抜)が400万円超の場合、仲介手数料の上限は取引物件価格(税抜)X3%+6万円+消費税です。200万円~400万円以下の場合、取引物件価格X4%+2万円+消費税になります。200万円以下になると、取引物件価格X5%+消費税です。

ただし、中古住宅や新築一戸建て、土地などの売買には手数料がかかりますが、売主から直接購入する場合手数料は不要です。手数料は業者などに対して取引媒介を依頼して、成約にいたると発生することになります。手数料は成功報酬になるので、売買が成立するまでは支払わなくてもよいのです。

この手数料は価格が決定しないと計算できないことになっていて、一般的に売買契約時において半額を支払い引渡し時に残りの分を支払います。全額を一括で払うこともできますが、売買契約が成立すれば業者の仕事は終わり、というわけではありません。

引き渡しまで各種事務手続きが残っているため、2回に分けて支払う方が賢明です。中央区にある業者は支払いのタイミングについても相談できるので、事前に確認しておくと安心です。

さまざまな諸費用が必要になります

不動産を売買する場合、いろいろな費用や税金などが発生します。消費税が改正されてから10%になり、この増税によって売買する際の手数料にも影響が出ました。手数料は業者に仲介業務の対価として払うお金なので、課税の対象になります。

不動産売買について会計処理する場合、手数料の勘定科目は購入か売却かによって異なります。売却した場合、手数料は支払手数料になります。購入した場合、手数料は土地や建物などの勘定科目を使います。売却する際は手数料の他に登記費用といったいろいろな費用がかかります

たとえば手付金の場合、売買契約が成立した場合買主は売主に対して手付金を支払うことになります。契約が成立した証拠になり、買主か売主に債務不履行があった場合に違約金として利用することが可能です。最終的に手付金は売買代金の一部になります。手付金は売買価格の5%~20%が多いですが、業者が売主になる場合は法律で20%以内と決められています。

登記費用の場合、不動産の売却時に所有権移転登記など買主に所有権を移す手続きが必要です。登記費用は買主負担になり、売主が負担するのは抵当権抹消登記といった費用になります。抵当権抹消は売却した不動産について住宅ローンが残っていると行う必要があり、登録免許税にプラスして司法書士への報酬が発生します。

中央区にある業者では、このようなさまざまな種類の諸費用ついて詳細な内訳を明確にしてくれるので、金額を把握しながら契約できます。

 

中央区の不動産売買においては仲介手数料がかかり、いろいろな諸費用を支払うことになります。売買する際は手数料以外にも引越し費用など、細かな費用がかかることが多いです。手数料の支払いタイミングや増税の影響などを理解しておくと、安心して売買手続きを進めることができます。

サイト内検索