中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

入居申し込みの時に中央区の不動産会社では預り金が必要?

預り金は、申込金や予約金などとも呼ばれていて、希望の条件に合った物件が見つかって、手続きをする際に優先的に審査を受けるために支払われます。不動産会社などに預けているお金で、賃貸借契約が成立しない場合には返金してもらえます。ただし、預り金を巡ってのトラブルもあるため、申し込みの前に確かめておくことが大切です。

中央区では預り金が不要なケースも多い

中央区など東京都の不動産会社は、申込金や預り金を請求しないように行政指導が行われており、基本的に支払う必要がありません。不動産会社に預けたお金は、契約が不成立だった場合に速やかに返金されなければなりませんが、実際にはトラブルになるケースもあります。

宅地建物取引業法では、お金を預かった不動産会社が返金を拒むことを禁止しています。東京都では、宅地建物取引業者が高額の預り金を受け取らないように指導しているので、請求された場合も安易に支払う必要はありません。

中央区の物件では、借りる際に申込金が不要となる場合があります。しかし、東京都では稀に支払いを求められて、返金されないトラブルが発生しています。

新築のマンションやアパートなどは、完成に時間がかかり、契約日まで一定期間が空く場合など、申込金や預り金が必要になることがあります。人気の高い新築物件では、問い合わせが多いため、管理会社にとってすべての入居希望者に対応するのが、難しい場合に申込金が求められることがあるので注意してください。

退去予定の物件で、現在はまだ入居者がいても先行募集が行われることがあり、内見できるまでの期間が長いと、申込金を求められる場合があります。入居者が退去する予定の物件では、内見してから契約するケースと内見前に契約手続きを行うケースがあります。後者は、実際に入居した場合にイメージと違うことがあるので、なるべく内見後に契約するとよいでしょう。

中央区で預り金の支払いが必要な場合の相場とは

東京都中央区で不動産を借りる場合には、基本的に申込金や預り金の支払いが不要ですが、稀に必要とされることがあります。申込金や預り金が必要になるときの相場は、基本的に家賃の1ヵ月分とされています。物件によっては、2万円など定額とされる場合や、家賃の半月分が請求されるケースもあります。

申込金や預り金の一般的な相場は、高くても家賃の1ヵ月分のため、それ以上を要求されたら注意が必要です。不当な金額を請求されている場合や申込金、預り金が必要となる理由に納得ができない場合や、詳しい説明がないときは手続きを中止してください。

後でトラブルに発展するのを回避するには、信頼できる不動産会社から物件を紹介してもらうことが大切です。安心して取引ができないと感じるときは、無理に手続きをせずに別の不動産会社で新たな物件を探すとよいでしょう。

申込金などに関係するトラブルの中でも、さまざまな理由で返金を拒むケースが最も多く見られます。一般的に家賃の1ヵ月分が相場とされていますが、1.5ヵ月分を請求して半月分を不動産会社が着服したというケースも存在します。悪質な不動産会社は、さまざまな理由で返金を拒みますが、宅地建物取引業法では返金拒否は禁止されています。

中央区で物件を借りる場合には、まず信頼できる不動産会社かどうかを見極めることが大切です。申込金が必要になるケースは稀ですが、返金拒否などのトラブルが発生したときは東京都の窓口などに相談するとよいでしょう。

中央区で預り金を支払う場合の注意点について

中央区で申込金や預り金を支払うタイミングは契約ごとに異なっていますが、一般的に申込時や指定の期日までに支払います。申込金や預り金は、契約までの一時金として支払うため、契約金に充当されます。支払うタイミングに違いはありますが、契約金に充当されるので損失を被ることはありません。

後のトラブルを避けるためには、申込金を支払うときに、必ず受領証を受け取ることが大切です。預けた金額や日付などを証明するため、領収証ではなく預り証と記載されているかどうかを確認してください。後にトラブルが発生したときに、支払った根拠が提示できないと不利な立場になる可能性があります。

預り証には、預けた目的や日付、返還の期日や必ず返金される旨を記載してもらう必要があります。また、預り証には、不動産会社や担当者の記名押印も求めるとよいでしょう。

一般的に申込金は、契約金に充当されるのが普通です。入居審査後に契約金の明細書が発行されて、預けている申込金から差し引かれます。基本的に申込金の支払いの前に不動産会社から契約金に充当される旨の説明がありますが、念のために確認しておけばトラブルを未然に防げます。

後のトラブルを避けるために、なるべく現金払いを避けて、指定した銀行口座に振り込むようにしましょう。現金払いの場合は、預り証が証拠資料ですが、銀行口座に振り込めば履歴を残すことができるので安心です。

 

申込金や預り金は、希望の物件が見つかったときに優先的に審査を受けるために支払われますが、常に必要ではありません。東京都では、申込金などを請求しないように行政指導が行われており、中央区で物件を借りる際に求められるケースは稀です。支払いが必要な場合は、後にトラブルになることもあるので、預り証、契約金への充当や清算の方法などを確認してください。

サイト内検索