中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

不動産賃貸契約でチェックしておきたいポイント

中央区で不動産の賃貸契約を検討しているのであれば、入居時や入居後のトラブルを避けるためにもまず賃貸借契約の内容について充分理解することが大切です。賃貸借契約では所有者が借主に不動産などを使わせる一方で、借主は所有者に対して一定の賃料を支払うことを約束します。中央区で不動産を借りる場合にも、家賃や初期費用を支払います。

中央区で不動産賃貸借契約を締結する流れについて

東京都の中央区で不動産の賃貸借契約を締結する流れとしては、まず申込を行って審査を受けることになります。不動産を借りる場合には申込や諸費用の入金だけでなく、審査や重要事項の説明を受けなければなりません。

申込後に審査が行われ、さらに重要事項の説明を受けてから諸費用を入金して契約を締結するのが一般的な流れです。審査と重要事項の説明は、中央区に限らず不動産を借りる場合に必須とされているので注意してください。

不動産会社を訪ねて物件の内見を済ませ条件に合った物件が見つかったら、入居申込書に必要事項を記入して正式に申込を行うことになります。入居申込書の記載事項は住所や氏名の他に勤務先や勤続年数、年収などです。この書類に基づいて貸主による入居審査が行われるので、記入漏れや内容の間違いが内容に注意してください。

入居申込書を提出したら審査が開始されますが期間は2日から3日ほどかかるのが通常で、長ければ1週間ほどかかることもあります。審査で契約者本人や連帯保証人の収入証明書類が必要となる場合には、源泉徴収票などの書類を提出します。不動産会社によってはその他の書類が必要になったり、地域によって預り金や申込金などの費用が必要になる場合もあります。

安定した収入や勤務形態などが審査されますが、家賃の支払い能力があるかどうかが最も重要な基準です。一定の要件を満たして審査を通過したら、重要事項の説明を受けることになります。

賃貸借契約における重要事項説明とは

不動産を借りる場合には、中央区に限らず不動産会社のスタッフから重要事項の説明を受けなければなりません。借りる予定である物件の仕様や注意事項、契約の内容について宅地建物取引士の資格を持った不動産会社のスタッフが詳しく説明してくれます。

物件を借りる際に不明な点がある場合には、どのような些細なことでも重要事項説明の段階で解決しておく必要があります。この説明では専門用語が語られることも多く、ただスタッフの話を聞いているだけではよくわからないまま印鑑を押してしまうことがあるので注意してください。

質問しにくい雰囲気と感じる場合でも、わからないことがある場合はその都度確認するとよいでしょう。内容をよく理解しないまま印鑑を押してしまうと、後でトラブルに発展する可能性があるので遠慮せずに質問することが大切です。

中央区で物件を借りる際にトラブルを避けるためには、重要事項の中でも特約に関する条文について注意しなければなりません。特約は貸主と借主の間で交わされる約束であり、退去時のルールなど重要な約束が記載されているので事前にしっかりと確認してください。室内リフォームや退去時のルームクリーニングの費用を借主が負担するといった特約が多く見られます。

特約を確かめずに印鑑を押してしまった場合には、後から知らなかったと反論しても認められないので注意しましょう。

中央区で賃貸借契約を締結する場合の注意点とは

中央区で賃貸借契約を締結する場合には、後でトラブルになるのを防ぐためにも事前に重要事項をしっかり確認することが大切です。また大きな出費となる賃貸物件の更新料も、物件の存在する地域によって徴収される場合とされない場合があるので注意してください。

一般的に東日本では家賃とは別で2年ごとに1か月分の更新料が徴収されるケースが多く見られます。西日本では更新料を徴収しないのが通常なので、関西地方から中央区へ引っ越してきた場合には事前に確認してください。物件の所在地によって取り扱いが異なりますが、あらかじめ詳しく確認しておけばトラブルになるのを防げます。

賃貸物件の更新の際には、更新料だけでなく手数料や火災保険料が必要になることがあるので注意しましょう。手数料は貸主と借主を仲介する不動産会社や管理会社に支払うもので、火災保険は基本的に2年契約なので物件の更新の際に一緒に支払うのが通常です。手数料や火災保険料を合わせると数万円の出費になるため、早めに両方を用意しておけばトラブルを回避できます。

他の物件に引っ越す場合には、あらかじめ決められた期間内に貸主か不動産会社に退去の意思を伝えなければなりません。一般的には退去の1か月前までに意思を通知するものとされていますが、電話や書面など通知方法についてあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

その他にも設備が故障した際の修理費用を借主が負担することになっている場合などがあるので注意が必要です。印鑑を押す前にしっかりと契約内容を確認すれば、後でトラブルに発展するのを防ぐことができます。

 

中央区で不動産を借りる流れとしては申込後に審査を受け、重要事項について説明してもらってから諸費用を入金し契約を締結します。重要事項の説明の際に不明な点がある場合には、何でも遠慮せず質問することが大切です。特約などの具体的な契約内容についてしっかり確認を行えば、後でトラブルに発展するのを防ぐことができます。

サイト内検索