中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

不動産賃貸の入居申し込みでの連帯保証人の知識

中央区で不動産賃貸を借りるときにも、連帯保証人が必要になることが多いです。スムーズに契約を行うためにも、正しい知識を持っておくことが大切だといえます。必要な理由や仕組みを理解していないと、指定した人が連帯保証人として認められず契約できないという可能性もあるので注意しておきましょう。

賃貸の入居申し込みを行うときに連帯保証人が必要な理由

賃貸の入居申し込みを行うときには、さまざまな書類を提出する必要がありますが、その中には連帯保証人の名前を記載した紙を提出しなければならないことが多いです。

支払い能力がきちんとある場合は、わざわざ連帯保証人を用意する必要がないと思うかもしれません。しかしながら、不動産賃貸の持ち主であるオーナーや大家さんからすると、見ず知らずの相手に大切な物件を貸し出すわけですから、いざというときに費用を請求できる先が確保されているということは大切です。

これに指名された人は契約者が家賃を払えなくなったときや設備を破損したときに修繕費用を支払うことになるので、物件の持ち主であるオーナーが損してしまうということがなくなります。

借地借家法では賃貸借契約を締結すると、3カ月以上の滞納がなければ一方的に契約を解除できないという決まりもあり、家賃滞納が起こったからと即座に追い出せるわけではありません。ルール上追い出すことができなくても、指名されている相手から確実に家賃や修繕費を回収できるわけですから、貸主にとっては安心して契約を結ぶためにも重要なものだといえます。

このような理由があるので、中央区の賃貸物件でも基本的には連帯保証人をきちんと指名する必要があるというわけです。いくら、契約時にしっかり支払いをする気持ちや支払い能力があったとしても、オーナーからすると簡単に信じることはできません。

どのような人であれば認められるのか

誰でも連帯保証人として認められるわけではありません。認められる人と認められない人について知らなければ、指名した人では認められず契約できないというトラブルが発生することもあります。

基本的には、「安定した職業についているなど支払い能力がある」「近しい親族」が条件とされていることが多いです。金銭的な問題が発生したときに支払いができる相手でなければならないので、ある程度の収入がなければ認められません。現役で働いている両親や叔父、叔母であれば認められる可能性がありますし、自分の子どもや兄弟でも働いて安定したある程度の収入があれば認められます。

一方で、家族や親戚であっても無職の人や年金で生活している場合は認められないことが多いです。オーナーや管理会社によって判断基準は異なりますが、不動産所得や不労所得などによる充分な資産がある場合は認められることもありますが、充分な資産がなければ認められないでしょう。

身寄りがいない、支払い能力のある家族がいない場合は、友人でも審査が通るケースがあります。友人に頼む場合も、充分な収入があることが大切ですし、国内に住んでいるなどすぐに連絡をとることができる相手であることが必須とされているケースが多いです。連帯保証人は家族や近い親族、友人の中で確実な支払い能力がある人のみだと知っておくことが大切です。

身近な場所に依頼できる人がいない場合の対処法

中央区で不動産賃貸を借りたいけれど、どうしても連帯保証人を見つけることができないというケースもあるはずです。家族や親戚、友人に頼れる人がいなければ、これらの人物から連帯保証人を決めることができません。その場合は契約を諦めなければならないと思うかもしれませんが、いくつかの対処方法があります。

まずは連帯保証人不要の物件を選ぶという方法があるでしょう。家賃をクレジット払いにすることで連帯保証人が不要となるような賃貸物件もあります。不動産会社で相談するとこういった物件を紹介してもらえるケースもあるので、自分で支払う力はあるけれど連帯保証人を用意できないときにこの方法を検討してみましょう。

そして、家賃保証会社を利用するという方法もあります。一定の料金を支払う必要があり、定期的に更新料が必要となりますが、依頼できる相手がいない場合でも契約できるようになるので便利なサービスです。

また、条件をクリアしている場合に限りますが、UR賃貸住宅を利用するのであれば連帯保証人が不要と決められています。いくつかの条件があるので当てはまるかどうか確認する必要がありますが、希望する地域にこういった物件がある場合は利用を検討してもよいでしょう。

身近な場所に依頼できる相手がいない場合は、これらの方法によって対処できるケースもあることを知っておきましょう。

 

不動産賃貸の入居申し込みを中央区で行うときは、連帯保証人が必要になるケースが多いです。その必要性や認められる人物の特徴を知っておくことで、スムーズに契約を結ぶことができるようになるはずです。依頼できる相手がいない場合は、対処法についても知っておくとよいでしょう。

サイト内検索
記事一覧