中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

不動産の部屋を借りるときに家賃交渉はできる?

日本のスーパーや小売店で値段交渉をすることはほとんどありません。そのため、多くの人は値段交渉が苦手ですし、決まっている値段がそう簡単に下がるとは考えていません。しかし、ものは試しで以外にもうまくいくことがあります。たとえば賃貸物件の家賃ですが、状況によっては家賃を下げることが可能です。ではどうすればいいか考えてみます。

家賃交渉の前に事前準備をするが大切

料理をする場合、事前の準備は大切ですが、それには食材や調味料、道具を揃えることが関係しています。どんなに腕がいい料理人でも準備をしないで美味しい料理を作ることはできません。同じように家賃を下げたいと思っているのであれば、事前の準備もしくは作戦が必要になるのです。

突然家賃を下げてくださいと言っても相手は受け入れてくれませんし、逆に難しくしてしまうかもしれません。そのため事前準備はすごく大事になるのです。

大抵の場合賃貸物件は不動産会社を通して借りますので、大家さんと直接交渉することは難しいです。それで、最初の壁として不動産会社と交渉する必要があり、自分の味方になってもらう必要があります。

不動産会社が納得しなければ、家賃が下がることはまずありません。担当者と友好的な関係を築くように意識しましょう。貸す側も借りる側の人間性を見ていますので、信頼を得ることは大事になります。

借りる側が横柄で強気だと貸す側も不安になりますし、「この人に貸したら近所のトラブルになるのではないか」と思われたら完全にアウトです。猫をかぶる必要はありませんが、最初はお願いベースで下手に出ていく方がいいでしょう。

「この人に住んでほしい」と思わせることができたら、不動産会社の人は大家さんと交渉してくれるはずです。事前準備として不動産屋さんを味方につけることが大切ということがわかります。

不人気要素と価格のバランスを知ってから交渉する

ケーキを作る場合にレシピを見ると材料にバターが書いてありますが、バターが高いことに気づきます。そのまま気にしないで購入して作ることもできますが、サラダオイルで代用して作ることも可能です。もちろんでき上がりの香りや味に多少の差は出るかもしれませんが、コストと味のバランスを考えて決定します。

自分が食べるのであればサラダオイルにするかもしれませんし、お客さんに出すのであればバターを使うかもしれません。同じように家賃交渉するときに、そのエリアの賃貸の価格とその家賃の要素を知っておく必要があります。

たとえば、東京の中央区に賃貸物件を探しているとしますが、そのエリアの相場の値段があります。それと同時に物件の価値を下げる要素というものがありますが、それが不人気要素です。

それには築年数が古いことや駅から遠いこと、空き家が多い、間取り設備が古いといったことがあります。しかし、そのような物件でもすでに家賃が安ければ、人気物件になってしまい、あっという間に部屋が埋まってしまうこともあります。

大家さんからすると部屋が空いていたら一円もお金が入ってきませんので、少しでも早く借りる人を探したいです。ですから、空き部屋が多い物件は交渉の余地が高いといえますし、成功率も高くなります。物件を見るときは建物全体や周りを見ることで、家賃交渉として使える材料を見つけることができます。

家賃交渉は時期やタイミングが大切です

夏は汗をかいて塩分が必要になるので、塩をきかせた焼き魚がおいしいですが、冬は煮魚が美味しいと感じる人が多いでしょう。時期によって体が必要としているものは異なり、美味しいと感じるものも変化します。それと同様に、家賃交渉をする場合も時期やタイミングで成功率がだいぶ変わってきます。

たとえば、東京の中央区で賃貸物件を探す場合ですが、中央区という場所柄、仕事や進学で引っ越してくる人が多いです。そうなると、春の時期は賃貸物件を探す人が多くなるので、不動産会社や大家さんは家賃を下げてまで貸そうとしないかもしれません。

しかし三月四月の次のピークは秋になりますので、四月までに入居者が決まらないと大家さんも少し焦ります。その焦っているタイミングをねらうことができるなら、値下げの可能性は高くなるのです。そうなると五月から九月ぐらいは狙い目のシーズンといえます。

また、入居後の家賃交渉も可能ですが、そのタイミングは契約更新の時期です。その時も事前準備が必要になりますが、家賃を安くしてもらえる要素がないかリサーチしておきます。たとえば、近くのスーパーが閉店して生活が不便になったとか、そのエリアの家賃相場が下がっているとか、または物件の劣化がひどいなどがあります。

中央区など競争が激しいエリアなら他の物件に引っ越すことも考えているが、安くしてくれるならもう少し住んでもいいということもできるかもしれません。

 

家賃交渉はハードルが高いと思えるかもしれませんが、実はそうではありません。事前の準備とリサーチでだいぶ結果は変わってきます。家賃は毎月の固定費になるので少しでも安くできるといいです。それで、ものは試しで家賃交渉に挑戦してみましょう。

サイト内検索