中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

やっぱり入居申込をやめたい!不動産会社に連絡すれば撤回できる?

中央区で賃貸物件を借りようとしている人の中には、入居申請を行った後にやっぱりキャンセルを行いたいと思う人もいるはずです。他によい物件を見つけたなどの理由で申し込みを撤回したいのであれば、不動産会社に連絡する必要があります。タイミングによっては簡単に撤回できないので注意が必要です。

入居申込書を提出しただけであれば撤回可能

賃貸物件を借りたいときには、不動産会社に入居申込書を提出することになります。その後に不動産会社や物件のオーナーによる入居審査が行われ、これを通過できれば重要事項説明を受けて契約が完了するという流れが中央区でも一般的です。

重要事項説明は宅地建物取引士の資格を持った担当者から口頭で説明が行われることであり、この説明と同時に契約書の記入や提出を行うことが多いといえるでしょう。入居申込書を提出するだけでは契約したことにはなっておらず、契約前であれば申し込みを撤回できるケースが多いといえます。

契約書に署名や捺印をしていないのであれば、問題なくキャンセルできるはずです。申込書の提出後にオーナーや保証会社の入居審査が行われますが、この審査が終わっていても契約書にサインや捺印をしていなければキャンセルできますし、ペナルティが発生することもありません。

ただし、申し込み後に撤回されるのは不動産会社やオーナーにとって迷惑がかかります。さまざまな手続きをした後にキャンセルされたり、入居者が集まりやすい時期を過ぎてキャンセルが行われたりすると、かなり迷惑をかけることになります。

契約書に署名と捺印を行うまではキャンセル可能ですが、撤回したいと決めたのであれば、なるべく早く不動産会社に連絡を行い、一刻も早く申し込みのキャンセルを伝えることが大切だといえるでしょう。また、場合によっては不動産会社側で決められたキャンセル料が発生する可能性もあるので注意が必要です。

契約後のキャンセルは解約扱いになってしまう

中央区で賃貸物件を探している場合も、入居申込書を提出しただけであれば、審査が終了していてもキャンセルを行えることが多いといえます。しかしながら、すでに契約書にサインや捺印を行っていたのであれば、申し込みを撤回することは解約扱いになってしまうので注意しておきましょう。

入居してその物件に住んでいなかったとしても、契約が行われていると解約が必要になります。これは、入居者が退去するときの精算と同じ扱いになることをあらわしており、初期費用などは戻ってこないと考えておいたほうがよいでしょう。

通常は退去の1か月前に解約を申し出る必要があるので、実際に住んでいなかったとしても契約を行ってから1か月分の家賃は請求されることになると覚悟しておくべきです。解約扱いになってしまうと、敷金や礼金、仲介手数料やクリーニング費用などのさまざまな費用を支払うことになります。

敷金については部屋をまったく利用しなければ返金してもらえる可能性が高いですが、それ以外は返ってこない可能性が高いです。火災保険料についても支払いが必要になるケースが多いので、実際には住んでいないのにさまざまな費用がかかってしまうことを知っておきましょう。

契約後にキャンセルするとたくさんのお金がかかってしまうので、どうしてもキャンセルしたい場合は契約前に行うことが大切ですし、そもそもキャンセルをする必要がないような物件探しを行っておくことが大切だといえます。

不動産会社によってルールが違うので事前に確認しておこう

基本的には入居申込書を提出していても契約が行われていなければキャンセル可能、契約を行っていれば解約扱いになってしまいます。しかし、これはあくまでも一般的な話であり、選んだ不動産会社によっては異なるルールの場合もあるので注意が必要です。

契約を行っていなくてもオーナーや保証会社の審査が通過した後であれば、キャンセル料が発生すると定めている不動産会社もあります。これは不動産会社に支払うというよりは、保証会社へのキャンセル料として必要になるケースが多いです。

そのため、「審査通過後のキャンセルは保証会社へのキャンセル料が発生する」という書類に、事前にサインするように指示されるケースもあります。この書類にサインをしているのであれば、不動産会社から指定されたキャンセル料を支払うことになるでしょう。

詳しいルールは利用する不動産会社によって違っているので、話を進める際にもらった書類をしっかりと読んでおくこと、気になることは早めに質問しておくことが大切だといえます。契約書にサインしていなければキャンセル料は一切発生しないという情報を聞いたことがあるかもしれませんが、不動産会社によって対応が異なってくることを知っておきましょう。

キャンセルの可否やペナルティについて勘違いしていると思わぬ出費になる可能性があるので、あらかじめきちんと確認しておくことが重要です。

 

中央区で賃貸物件の申し込みを行うときも、後からやっぱりキャンセルしたいと思うことがあるかもしれません。契約書にサインする前であればキャンセルできるケースが多いですが、詳細は不動産会社によって違っているので事前にしっかりとルールを確認しておくことが大切です。

サイト内検索