中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

不動産会社の担当者を変えてもらうことは可能?

中央区の家を探すとなると、頼りにするのは不動産会社です。自分にとって、気に入った物件に巡りあえても担当が苦手ということもあります。中央区の物件は悪くなくても、担当が苦手なら買うのも遠慮したくなるものです。せっかく気に入った中央区の物件を手放したくないと悩んでいる人は、思い切って担当者を変えてしまいましょう。

よい担当者を見分ける方法について

お互いに人間なので、性格的に合わない人や不安に感じる人もいます。しかし、営業をする人の中にはいい人がいるのも事実です。そこでまずは、よい担当者の見分け方について説明します。

よい営業の人は、まずあいさつをしっかりとします。あいさつもなく書類に目を落とすのでは、よい印象はありません。あいさつは基本ともいえるので、まずしっかりと顧客に対してできる不動産はよい人物も多い証拠です。

また、契約を急がない人物は優秀といえます。実際に契約を結ぶときはよく検討して購入をしたいものです。そんな重要なタイミングで契約を急がす担当者は避けましょう。

物件や契約内容の説明を聞いた後、顧客側に考える時間を与えてくれる担当者は親身になって取引を進めてくれる人です。自分でしっかり契約内容を確認して、考える時間をくれるほうが安心して取引できます。

最初の訪問時に、担当者に希望や条件を伝えることになります。この時、顧客の希望を細かく聞いてくる担当者を選ぶといいです。最低限の条件だけで、どんどん提案してくる人は自分が紹介したい不動産を押し付けている場合が考えられます。このような人とは納得のいく不動産が、見つかる可能性が低いです。

担当が懇切で丁寧に希望を訊ねてくるのか、きちんとチェックしてください。よい担当者ほど、顧客にどのような物件が希望か質問してくるはずです。互いに気持ちがいい契約にするためにも、こちらの話を聞いてくれる相手を選びましょう。

こんな担当者に当たったら注意が必要

担当と気が合わないとはいえすぐに変更するもの考え物です。担当を変更する判断基準について知っておけば、最初からよい担当もわかるでしょう。

担当者の中には、やる気が感じられない人もいるものです。その場合、営業経験が少ない、異動したばかりで土地勘がないなどが理由にあげられます。やる気が感じられなければ顧客として不安になるのは当然のことです。

また、顧客の質問に対して連絡や相談が遅い人物はやる気が不足している恐れがあるので注意しましょう。気に入った物件があれば不動産会社と契約しますが、一定数にはなりますが契約を取り付けた途端態度が豹変する人もいるため注意しましょう。これは、不動産会社の仕組みとして仕方ないことでもあります。

担当は、会社から契約をとってこいといわれるので必死になります。抱え込む案件は1つだけではないので、契約締結前は親身な人も締結後は忙しさから連絡が減るケールも存在します。こまめに、連絡が取れる人物か見極めが必要です。

お店と同じで、清潔感がない人は雑な仕事をする可能性があります。不動産業界は、接客業でもあるので顧客に関わらず常に身だしなみが整っていない人は注意しましょう。身だしなみが整っているということは、相手に自分がどう映るか考えている人です。逆に、整っていない人は相手のことを考えることが少ないので顧客視点に立つのが難しい可能性があります。

担当者が苦手なら変更してもいい

どうしても気が合わない場合、変更することを戸惑うかもしれません。しかし、担当者は不動産取引において重要な人物なので不安や苦手意識を感じれば変更してもかまいません。

大きな理由として、不動産売買では基本的に営業に当たった人が1人ですべての業務を請け負います。物件の購入なら、希望の物件探しから契約に取引までを行うのです。そのため、不動産会社がいくら優れていても、担当者次第で結果が大きく変わってきます

不動産会社側から、いきなり担当を変更することはありえません。なので、顧客側から変更してほしい旨を伝える必要があります。社内で担当を変えてもらう場合は、相手に直接伝えるのではなく上司に伝えましょう。不動産会社からは変更について理由を聞かれたりするかもしれませんが正直に自分の気持ちを伝えましょう。気持ちのいい契約を行うために、必要なことだと割り切ってしまうといいです。

次に、また同じことが起きないよう自分と合う人を巡りあるため担当者本位で選ぶのがベストになります。能力や相性は重要なので、不動産会社を選ぶにしても人から選ぶようにすれば同じことにはなりません。

人生最大の取引だからこそ、寄り添ってくれる相手と出会うのも大切です。有名な会社だから契約するのではなく、この人ならいいかもしれないと思える人に出会えれば、自分の希望物件が早く見つかる可能性が高まります。

 

中央区ではたくさんの物件があります。その中でも担当はとても重要なパートナーです。不満やストレスを感じたら、いつまでも我慢せずに変更を考えることをおすすめします。最初は、不動産が選定してきますがあとからこちらが相手を選ぶことができることを覚えておきましょう。

サイト内検索