中央区で不動産賃貸・購入を検討中なら必見!口コミで評判の高い不動産会社をランキング形式で紹介しています。

初期費用はどれぐらい必要?中央区の不動産物件に住むときにかかる費用

中央区の物件を購入したいけれども、どれくらい費用がかかるのかがわからないと、なかなかイメージしにくいですよね。中央区は子育て向きの物件も多く暮らしやすいエリアではありますが、不動産価格が高いところでもあります。そんな中央区で不動産を購入して住む際にかかる初期費用についてじっくりと見ていきましょう。

不動産を取得するときにかかるさまざまな費用

中央区に住む際にかかる費用は実に多様です。不動産をこれから購入する場合、まずは不動産購入費用がかかります。中古物件を購入するのか新築を建てるのかによっても変わりますし、戸建てかマンションかでもかなり違いが出ます。

中央区における物件購入価格は比較的高く、新築ならば少なくとも5千万円は見積もっておきたいところです。中央区でも地価が安い地域もありますが、こうしたエリアでは居住用の土地を見つけにくい傾向があります。一方、中古物件ならば1千万円台でもよい物件が多くあります。

価格面でも最も手軽なのが中古マンションであり、物件探しもしやすくておすすめです。不動産物件購入時には、購入費用だけでなくさまざまなコストもかかります。

中でも高額になることがあるのが登記費用です。登記自体は5万円から20万円程度で可能なものの、物件によっては綿密な土地調査が必要な場合もあり、こうした調査のための費用がかかります。

他にも、登録免許税等の各種税金や、業者への仲介手数料も払わなければいけません。こうした費用は絶対にかかってくるものですから、節約もしにくいのが難点でしょう。

とくに中央区は物件だけでなく各種金額が比較的高いこともあり、他のエリアと比べても不動産購入にかかる費用は高くなるといえます。しかし節税方法などもありますので、この点はしっかりと利用する不動産業者と相談しておきましょう。

不動産取得後の費用も実はいろいろとかかってくる

物件購入を済ませたらおしまいではありません。暮らしをスタートさせるには、水道・ガス等の契約をする必要があります。業者によっては保証料として数万円がかかる場合もあります。中央区には数多くの水道・ガス等の業者があり、よりお得なところを選びやすいので、初期費用がゼロのところも見つかります。

また、インテリア等も揃えて生活できる環境にしないといけません。これは節約しやすい費用ですが、それでも20万円程度は見積もって置きたいところです。長く住むことを考えると、最初に必要なものを全部揃えたほうが、後々楽ですしお得です。

防犯対策費用も必要です。中央区は人が多く集まる場所ですが、治安はさほど悪くありません。しかし窃盗や自転車の盗難などの事件は比較的多く発生しているため、自宅の鍵を変えたり、2重施錠のものにしたりといった対策をしておくべきでしょう。

また、警備会社等に警備を依頼しておくことも防犯対策の1つです。警備会社のサービスを利用すると月に数万円程度かかりますが、安全のための費用として検討してみてはいかがでしょうか。

地域によっては町会費等がかかってしまうこともありますし、町会費に似た多様な名目の会費制度も存在します。ただし、こうした費用は慣例によるところが多く、支払わないといけない義務はありません。

少しでもコストを下げるためにも、自分にとって不要である出費を避けることも必要かもしれません。地域の状況等を的確に見極め、必要な費用かどうかを検討するとよいでしょう。

住宅以外にかかる費用と捻出方法

マンションに住む場合、思わぬ初期費用がかかりやすいので気をつけてください。たとえば中古マンションの場合、前所有者に未納管理費等があって、買い手側が支払わなければならない場合もあります。また、管理会社利用時の費用や保証料等もかかってきます。こうした費用はマンションを購入する際にしっかりと調べておきましょう。

マンションの場合、別途駐車場代金がかかってくることもあります。中央区で駐車場を借りる場合、月額1万円が相場ですが、エリアによってかなり変動します。駅に近い駐車場ともなれば月に5万円ほどになることもあります。駐車場代だけでもかなり高額となりますので、物件を探す場合は駐車場代も考慮して探すとよいでしょう。

物件購入費以外の初期費用の合計としては、だいたい100万円から200万円を見ておきたいところです。もちろん、節約すれば安くすることもできますので、さまざまなサービスや商品、業者を比較検討し、いろいろと工夫してコスト削減を目指しましょう。

また、初期費用の捻出が難しい場合は、銀行のローンの利用も検討してみるとよいでしょう。こうしたローンを利用すれば、一気に高額な出費を抑えることができます。住宅ローンでは、物件購入費以外の初期費用は借り入れできないことがありますので注意が必要です。

費用面で困ったことがあれば、まずは不動産業者に相談するのがおすすめです。不動産物件を扱うプロだからこそ、自分の希望に沿った、初期費用のかかりにくい物件を紹介してくれます。便利なローンなどについて知ることもできますし、手続きについてもサポートしてくれるはずです。

 

不動産購入時には、物件購入代以外にも初期費用がかかります。自分の場合はどんな費用がかかるのか、節約はできるのかをしっかりと把握しておくことが大切です。中央区の場合は、こうした費用も比較的高額になる傾向があります。わからない部分や困った点は不動産業者に相談することをおすすめします。

サイト内検索